一般社団法人JHA 日本ハンドリフレクソロジー協会

ハンドリフレクソロジーの期待できる効果

ハンドリフレクソロジーとは

当協会設立の理念、活動内容について

リフレクソロジーといえば、フットリフレクソロジーを思い出す方は多いかもしれません。
しかし、実はリフレクソロジーは足の裏以外の場所を刺激しても効果を得ることができます。
当協会ではいつでも、どこでも、安全に行えるハンドリフレクソロジーについて研究や普及活動を行っています。
このページでは、その期待される効果について解説して参ります。


・手から全身へ

リフレクソロジーとは、「反射区」と呼ばれるエリアを刺激することで全身の臓器や組織に間接的にアプローチする施術のことです。

この反射区は全身のあちこちに点在していますが、中でも多いのが末梢神経が集まる部分。
末梢神経は足の裏や頭、そして手のひらに多く存在しています。
手の反射区を刺激することは、副交感神経系を刺激し、整えていくことに繋がります。更に副交感神経系が整うことにより、脳脊髄液の循環が促されたり、脳内物質の分泌が促される等の効果が期待できます。
ここから、良い刺激を脳に伝える為に、ハンドリフレクソロジーはとても効果的な手技と言われており、しかもそれは施術をする側も、される側も恩恵を受けられる、素晴らしい手技との評価を受けています。


・反射区を刺激する

ハンドリフレクソロジーの場合、刺激するのは手の平や手の甲に存在する反射区です。
実は手の甲と手のひらには、全身の臓器や器官に対応する反射区があり、この反射区を刺激することで全身を整えていくことが期待できます。
たとえば自分の手のひらを軽く押してみて、そこだけが固くなっていたり、痛みを感じる場所がありますが、これが自分の身体の中で疲れていたり、不調がある部分とつながっている反射区です。この反射区をソフトに刺激することで、身体の様々な不調やトラブルに対して効果が期待できます。
リフレクソロジーについては「つぼ押し」と混同されてしまうこともありますが、これはピンポイントで刺激するのに対して、リフレクソロジーは面を刺激します。
その為、つぼ押しよりも痛みを感じることが少ないだけでなく、ゆっくりとソフトな刺激でマッサージを行うだけで十分に効果を実感することができます。

期待される効果

それでは、ハンドリフレクソロジーには具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか。


・リラックス効果

ハンドリフレクソロジーの場合、フットリフレクソロジーと比べてリラックス効果が高いと言われています。
ハンドリフレクソロジーは施術を行ったあと、すぐに身体が温まって来る感じがある、頭がすっきりするといった即効性を感じやすいという特徴があります。さらにつぼ押しのように痛みを感じることがないため、リラクゼーションの効果もバツグンです。
手のひらは神経が集まった敏感な部分ですが、ストレスを感じているときに柔らかいものや触り心地のよいものをなでるとストレスが軽減されるように、精神的な部分とも密接なつながりがあります。
例えば、親しい友人や家族、パートナーの手の感触を感じることで、安心感を感じるようなこともその効果の一つと言えるかもしれません。


・食欲不振/ストレス

手のひらや手の甲には全身の臓器や器官とつながっている反射区が分布しています。
この反射区を刺激することで、内臓に働きかけ、活性化することができます。
例えば、手のひら側の親指の付け根には消化器系の反射区があります。このとき、反対側の親指を使ってゆっくりとソフトに触れていきます。ツボ押しのイメージがある人の場合、痛いほうが効果があると考えてぎゅうぎゅう力を入れて押してしまうこともありますが、ハンドリフレに於いてはやさしく触れても効果が期待できます。
また、消化器の反射区の中心部には、腎臓の反射区も存在しています。
腎臓は水分の排出を司る臓器ですが、夏は発汗、冬は冷えなどによってバランスを崩しやすい場所です。腎臓がきちんと機能しない場合、むくみやだるさ、老廃物の蓄積といったトラブルの原因となることもあります。


・睡眠不足

疲れやストレスが溜まりすぎていたり、心配事があったりする場合など、熟睡することができないことも珍しくありません。
また、現代社会に於いてはスマホをはじめとした液晶画面や、LED照明のブルーライトで神経の興奮が続き、眠りの質が悪くなっている方が多くいらっしゃいます。
ハンドリフレクソロジーの手技全般が刺激によって副交感神経系を優位にし、昂った神経を鎮める効果が期待できます。その他にも脳内物質・セロトニンの分泌を促すなど、入眠の促し、睡眠の質(深さ)を改善する複数の効果があるとされています。


・眼精疲労

睡眠不足同様、現代はPCやスマホの使い過ぎによる眼精疲労が蓄積しやすくなっています。これは頭痛、首・肩こり、めまいや吐き気などの原因となる場合があります。こまめなケアで、大事に至らないよう予防することが大切です。


ハンドリフレクソロジーのメリット

様々な不調に対応してくれるハンドリフレクソロジーですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。


・いつでも行える

ハンドリフレクソロジーは、いつでもスキマ時間で行えます。
何故なら、準備がほとんど必要ありません。服を脱ぐ必要も無く、強いて準備事項を挙げるとすれば、呼吸を整えてからの方が効果が高いこと、くらいでしょうか。
このため、職場の短い休憩の時間や、訪問介護職の方が、ほんの少し時間が余ってしまった時などに、サッと施術をされることが多くあります。


・どこでも行える

横になるベッドも、特殊なクリームなども、ハンドリフレクソロジーには必要ありません。セルフケアなら立ったままでも、どなたかに施術されるなら向かい合って座れる机とスペースがあればすぐに施術が行えます。


・誰でもできる

本格的な全身のカイロプラクティックやマッサージは、性質上力が必要だったり、医学的な深い知識が必要だったりします。
力を込めないと効果を出せなかったり、動かし方によっては怪我や障害を相手に負わせてしまう事があるからです。
一方で、ハンドリフレは力を込めることは寧ろ逆効果です。また、反射区や最低限の解剖学を学んでいただく必要こそありますが、動かし方などの部分に関して学ばなくても高い効果が出るとされています。
その点に関して、ボランティアに伺っている重症心身障がい児向け・放課後等デイサービス事業所「キッズサポートりま」様からも高く評価を頂いております。



ハンドリフレクソロジーはすぐに効果が実感できる施術。興味がある、身体の不調を何とかしたいという方は、ぜひ一度本格的に学んでみてはいかがでしょうか。

受講のお申込みは直営校 ハンドリフレクソロジー専門学院からどうぞ。

リフレクソロジー,資格,取得

直営校の講座開講日程

一般社団法人JHA
日本ハンドリフレクソロジー協会

東京都中央区築地
2丁目1-2 プライム築地ビル 4F

TEL:03-6228-4636
受付:10時〜17時