一般社団法人JHA 日本ハンドリフレクソロジー協会

協会概要

協会理念

当協会設立の理念、活動内容について

一般社団法人JHA 日本ハンドリフレクソロジー協会は、代表理事 金森秀晃の確立したSC4理論に基づくハンドリフレクソロジーに関する症例収集と研究開発及びハンドリフレクソロジーの正しい知識の普及と啓蒙を図ることを目的とし、身近な人を癒したい一般の方々から様々な専門分野の方々まで、ハンドリフレクソロジーに関する必要情報や安全かつ誰でもできるハンドリフレクソロジー手技を提供していく機構として、2010年5月に設立されました。

当会はハンドリフレクソロジーが、日本及び各国において健全に評価され、普及していくことを目的として活動しています。

代表 金森秀晃よりご挨拶

代表理事 金森秀晃近影

~"自ら"手を差し伸べる勇気を~
「手」には大きな可能性があります。
指導者が道を指し示す「手」
愛する人に触れるのも「手」
自ら「手」を差し伸べさえすれば、
人の「手」をとることができるのです。
しかし、どんなに思い遣り深く、優しい方であったとしても、
その思いが伝わらなければ評価されることはありません。
逆に言えば、思い遣りが伝わりさえすれば、
困難の渦中にいらっしゃる方へ手を差し伸べることさえ出来れば、
無限に人を救える人になれる。
ただ、自分から「手」を差し伸べることは、 非常に
勇気のいることです。
その勇気を支えることが出来る、体系的な技術を身につけて、
自ら「手」を差し伸べることができる。
そんな、あなたの「手が持つ可能性」を広げるお手伝いを
させて頂きたいと思っています。

一般社団法人
JHA日本ハンドリフレクソロジー協会
代表理事 金森秀晃



略歴
1974年 東京都出身、1998年野村證券株式会社入社。
母親の闘病を機に、同社を退職。
命を懸けて道を示してくれた母の想いに応えるため、一念発起し医学を学ぶため
単身でオーストラリアRMIT大学へ入学、カイロプラクティックを習得。
その後タイでマッサージを学び帰国後、飯田橋にリラクゼーションサロンFee’zを開業。
病気で診断されない「傷み」をどのようにケアし、癒して差し上げることができるのか、
それらを考え日々お客様に向き合うことで、コミュニケーションの技術化を図る。
 その卓越した手技とコミュニケーション技術を以て、各種スクールを開講。
日本で初めてハンドリフレクソロジーを体系化し、普及したことをきっかけに
当協会の代表理事に就任。
 また、大元となる「SC4理論」の社会貢献性が認められ、社会文化功労賞最年少受賞を
果たしている。
 2011年にはなでしこリーグのトップチームINAC神戸にてメンタルトレーナーを担当。
アジア最高のメンタルコーチと称される。

【受賞歴・資格】
社会文化功労賞最年少受賞
(SC4理論)
全国医療教育協議会 代表理事
1級キャリア・コンサルティング技能士(国家資格)


著書一覧

SC4理論への思い

「痛い場所だけ治してくれればいい」そう思っている方は多くいらっしゃいます。
しかし、その痛みの原因となっている部位、その痛みを生んでいる理由はその場所にあるとは限らず、むしろ違うところにあることの方が多いのです。

 確かに、一時凌ぎを考えれば 『痛い場所だけ』 にアプローチすればいいのかもしれません。
しかし、根本的改善を望むことは難しく、同じ症状を繰り返すでしょう。

 西洋医学には「心身二元論」、東洋医学には「心身一如」といったそれぞれの哲学があり、
その考えに基づいたアプローチ方法があります。
 その両方を学ぶ中で、「身体を良くしたい」という根底にある思いが共通しているにも関わらず、互いに他を受け入れない姿勢に疑問を持ち、両者の良い部分を融合させることができないかという思いから研究を重ね、この「SC4理論」を確立しました。
 JHA日本ハンドリフレクソロジー協会のリラクゼーション手技はSC4理論に基づきます。
 SC4理論では、心を含めた身体を全体で1つのものであると考え、 トータルバランスを最重要視し、4点のバランスをとっていきます。

 ①上部頚椎(頭部)
 ②仙骨(骨盤)
 ③手
 ④足

 それらを結ぶ線(セン)を整えることで本来持っている力(自然治癒力)が活かされると考える理論です。

 それぞれのポイントから得られる情報、それらを結ぶセンからの情報、
多くのチェックポイントを診たうえでアプローチ方法が決定されるため、毎回その方法は変化しています。

 施術によって、本来持っている力を存分に発揮できる状態になることで、
今という大切な時間を心から楽しんでいただけるようになることを願っております。

事業内容

①ハンドリフレクソロジーと、
認知症・緩和ケア・うつ病・自閉症等に関する症例研究

②ハンドリフレクソロジー
普及活動

④ハンドリフレクソロジー講師の育成

⑥開業支援・認定サロン支援


加盟校参画条件

 受講生の皆様に責任ある教育制度をご提供するため、加盟校制度について下記の申請条件を
設けております。
特に加盟校の運営責任者(経営者)がハンドインストラクターの資格も兼ね揃えることはハンド
リフレクソロジーを充分に理解し、営利の下にハンドリフレクソロジーの安全が犠牲にならない
ためには絶対条件であると考えております。
詳しくは事務局までお問い合わせください。

1:申請者がハンド・インストラクター資格またはトレーナー資格を保有すること。
2:申請者が申請団体(加盟校)の運営を担っていること。
3:JHA日本ハンドリフレクソロジー協会セミナー、実習に1回以上参加していること
4:開校説明会(年3回以上実施)に参加すること
5:上記1~4を満たし、4の開校説明会で説明のある期限内に必要書類を提出し審査を
受けること
加盟店と加盟校の違い
    加盟登録料 年会費 出来ること、条件面
加盟店 なし なし ハンドリフレセラピストのライセンスを取得することで、メニュー追加、JHA加盟店を標榜しての開業が可能です。 ※オーナーがJHA会員であることが条件(こちらの年会費 5,000円(税別)は発生します)
加盟校 ¥50,000(税別) ¥30,000(税別) インストラクターのライセンスを取得し、加盟校登録をすることで JHAのカリキュラムを教えて、受講料収入を得る権利が得られます。

活用事例

ハンドリフレを学びイキイキと輝いている
生徒さんをご紹介

本部所在地

一般社団法人JHA
日本ハンドリフレクソロジー協会

東京都中央区築地
2丁目1-2 プライム築地ビル 4F

TEL:03-6228-4636
受付:10時〜17時